MENU

わきが対策として腋毛を処理することは有効なの?

脇毛を処理すればニオイも軽減される

わきがの原因は、アポクリン腺という汗腺から分泌される汗なのですが、この汗は本来無臭なのです。ところが皮膚に存在している常駐菌によって、汗が分解されるときに臭いを発生するのです。わきが体質の人は、そうでない人に比べてジフテロイド菌といった常駐菌が多い傾向があるため、わきが特有の悪臭が発生するという仕組み。

 

つまり、常駐菌を減らせば臭いも減らせるということです。脇に汗をかいたとき、もちろん腋毛が生えているほうが蒸れやすいですよね。蒸れて高温多湿になったわきは、常駐菌が繁殖しやすくなります。また、わきが体質の人は毛深い傾向があるため、腋毛を処理することは効果的なのです。

 

腋毛は抜くのではなく剃るほうが良い

腋毛の処理方法は、毛抜きやカミソリ、シェーバーなどによる自己処理、サロンや医療機関での光やレーザーを使った処理などがあります。サロンなどで処理してもらう場合、スタッフさんに脇を見られることに抵抗がありますよね。そのため自己処理をしている人が多いのではないでしょうか。

 

自己処理をするのなら、皮膚に負担がかかりにくいのでシェーバーを使いましょう。毛穴とアポクリン腺はつながっているため、毛穴が刺激を受ければアポクリン腺も刺激を受けます。すると汗の分泌量が増えてしまって、わきが臭も増えてしまうことに。毛抜きの場合、毛穴に負担がかかるだけでなく、鳥肌のようなブツブツができたり、埋没毛(毛が埋もれること)ができたりしてしまいます。カミソリの場合、カミソリ負けになって傷ができれば菌が繁殖しやすくなってしまいます。毛抜きやカミソリのように、皮膚への負担が大きい処理方法を続けていると黒ずみも起こりやすくなります。

 

わきが手術を受けたら腋毛が生えなくなった

ほとんどの女性は腋毛のお手入れをしていますよね。わきが手術を受けて腋毛が生えてこなくなったら、お手入れの手間が省けて助かります。けれど、男性のなかには腋毛がなくなってしまうことに抵抗を感じる人がいるかも知れません。

 

一般的なわきがの手術方法といえば、アポクリン腺を取り除く剪除(せんじょ)法ですよね。アポクリン腺と毛穴はつながっているので、アポクリン腺を除去したときに毛穴まで一緒に除去されることが多いのです。そのため、腋毛が生えなくなったり減ったりすることは避けられません。

 

逆に、腋毛に影響を与えない手術方法はミラドライやビューホットなどです。ミラドライはマイクロウェーブを、ビューホットは高周波を照射して汗腺だけを破壊するというもの。毛穴には影響しないので腋毛が生えなくなることはありません。

このページの先頭へ