MENU

ワキガは本当に人から人へと感染するのかどうか

ワキガを知っている人は多いのではないでしょうか。そして、ワキガの知識の中でワキガは人にうつるのではないかという噂があります。もし、本当にうつってしまうとなれば、結構大変です。もちろんワキガの本人が一番大変かもしれませんが、やはりうつりたくはないと思います。では、ワキガは本当にうつるのかどうか紹介します。

 

アポクリン腺とワキガの関係性

 

ワキガの原因は、アポクリン腺という汗を分泌する器官から出る汗の中にワキガの原因があるのです。そして、アポクリン腺は生まれつきある程度数が決まっています。そのため、後からその数が増えることはまずありえません。アポクリン腺は数が多いほどワキガになる確率が高いので数が少ない人がワキガの人と接触したりしても数が増えることはありません。つまり、どのような状況になったとしてもワキガをうつされる可能性は低いという事です。

 

もし、においがうつったと思ったらその原因は

 

もし、ワキガがうつったと思った場合は、それは、錯覚です。例えば、ワキガの人が拭いたタオルをあなたが使ったりするとワキガのにおいがタオルにうつるだけで、根本的にうつっているわけではないので勘違いしないようにしましょう。この場合は、ワキガのにおいの発生ものととなる菌やたんぱく物質があなた自身についてしまっただけという事です。ですが、それも一時の話でお風呂に入ったり、時間が経てばにおいは自然となくなっていくものです。決して一生残るものではありません。

 

ワキガの人と洗濯を一緒にしたら

 

もし、ワキガの人と同じ洗濯機で洗ったとしてもワキガ自体が映る事は絶対にあり得ません。中には、ワキガの人と一緒に衣類を洗いたくないという人もいます。ですが、一緒に洗濯してもワキガになるわけではないので安心してください。確かに気分的には嫌な人もいると思いますが、洗濯をしてもそこまで神経質になる必要はないと思います。

 

このように、ワキガは感染するのではないかと思っている人もいると思いますが、実際にはあり得ないので覚えておいてください。中には、ワキガの人といるだけで自分がワキガになるからといって、ワキガの人を避けてしまう人もたくさんいます。確かにワキガの人はにおいがきついため、そのような事をしたくなる気持ちも分からなくはないのですが、遺伝的なもので、本人の責任はないので、みやみに避けるような事をするのは良くありません。ワキガは感染するという誤解は解いて神経質にならないように接していく事が大切です。

このページの先頭へ