MENU

ワキガのニオイに使える重曹での対策方法

重曹ってどんなもの?

主婦の方なら掃除などに使うことも多いのではないでしょうか。重曹とは「炭酸水素ナトリウム」のことを言います。
その弱アルカリ性の性質が酸性の物質と中和し、ニオイや汚れを分解する働きがあるため、古くは洗濯にも使われていました。
また、水を加えて加熱すると炭酸ガスが発生するため、ケーキを膨らませるベーキングパウダーにも含まれています。
胃薬としても使われており、人の体内にもある成分なので人体には無害であり、環境にも優しい物質と言えます。

 

 

なぜワキガのニオイに重曹は効果があるのか?

ワキには汗や皮脂、細菌などが溜まりやすく、ワキガの人はこれらにアポクリン腺から出る成分が加わって強いニオイを発する原因となります。
体液から不快なニオイの成分が作られるのは、血液が酸性に傾いている状態の時です。
体で活性酸素が作られやすくなり、ニオイだけではなくて体の不調も出やすくなります。ワキガの人も同様に体が酸化しやすい状態になっていると言えます。
重曹は弱アルカリ性なので、このような酸性のニオイを中和して、ニオイを抑えることに効果的です。また重曹には殺菌作用もあるので、ニオイの元となる細菌を除去する効果も期待できます。
またワキガによって洋服に黄ばみができてしまうこともありますが、この黄ばみを落とすにも重曹を使うと良いです。
アポクリン腺から出る汗には脂質やたんぱく質が含まれており、皮脂汚れの原因となる黄ばみ成分も含まれます。
重曹は脂やたんぱく質も分解することができるので、このような黄ばみ汚れの対策にも使うことができます。

 

 

重曹でワキガ対策!その方法は?

では、具体的には重曹をどのように使えば良いのでしょうか。その方法を見てみましょう。

 

重曹スプレー

用意するのはスプレー容器、重曹、水。重曹小さじ1杯に対し、水100mlが適量です。
重曹と水をスプレー容器に入れ、よく振って溶かします。溶けにくい場合は一晩ほど置いておくと良いでしょう。
できたスプレーはワキにシュッとかけるだけなので簡単です。
スプレー容器は持ち歩くこともできるので、気になった時にすぐ使うことができるのもポイントです。
スプレーする前には脇汗を拭き取るようにしてくださいね。

 

重曹風呂

普段と同じように浴槽にお湯をためたら、大さじ1~3杯程度の重曹を入れてよくかき混ぜ、溶かして入浴するだけ。
初めての方は少なめの重曹の量で試してみると良いでしょう。あまり高い温度にせず、ゆったり浸かるのがオススメです。
ワキガ以外の全身のニオイ対策にも効果的ですよ。
重曹は人体には無害とは言うものの、敏感肌の人には肌荒れの原因になる可能性もありますので、毎日というよりは週1、2回程度にしておく方が良いです。

 

重曹ペースト

ワキガのニオイが強くて気になる場合は、ペースト状にして塗るのも良いでしょう。大さじ3杯の重曹を、大さじ1杯の水で練り、ワキに塗ります。
5~10分ほど放置してから、水でしっかりと洗い流してください。
重曹はドラッグストアなどで色々な種類のものが市販されていますが、肌に直接触れることになるので、安全のため食用のものを選ぶようにしてください。

 

服の黄ばみを解消するには

ワキガによってできてしまった衣類の黄ばみは、通常の洗濯ではなかなか落とすことができません。単なる黄ばみだけではなく、ニオイが服に付いたまま残っていることもあります。そんな時にも重曹の出番です。
500mlの水に対し、大さじ1杯の重曹を溶かして、その中に衣類を浸け込みます。一晩置いたら、通常と同じように洗濯します。
これでも解消できないような黄ばみであれば、漂白剤と重曹の合わせ技を試してみてください。
漂白剤は「塩素系」ではなく、「酸素系」を使うようにします。
酸素系漂白剤と重曹を同量混ぜてペースト状にし、衣類の黄ばみが気になる部分に塗ったら、スチームアイロンの蒸気やドライヤーの温風などを当てます。
漂白剤は40~50度の温度になることでその効果を発揮するのです。その後は通常通り洗濯すればOKです。
蒸気や温風を当てるのが面倒であれば、同量の酸素系漂白剤と重曹を熱めのお湯に溶かし、衣類をしばらく浸け込んでから洗濯しても良いですよ。
酸素系漂白剤であれば色落ちの心配があまりありませんし、布地を傷めにくいので安心です。それでもデリケートな衣類の場合は、目立たないところで試してみてから実践した方が良いでしょう。
自分のワキのニオイ対策をしっかりしていても服が黄ばんでいたり服からニオイを発していたりしたら台無しですから、既に付いてしまった黄ばみやニオイもきちんと取っておきたいですね。

 

最後に

重曹は安価で手に入る上に体にも優しいので、ワキガで悩んでいる人には取り組みやすい方法のひとつですね。
日頃の対策によって、ワキガが改善できる可能性があるので、一度取り組んでみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ