MENU

夏よりも冬のほうが臭いはきついのか?

夏というと汗をいっぱい書きますので、汗のにおいが出やすいような季節であると思われます。
ですが、ワキガに関しては実は夏よりも冬のほうが臭いがひどくなるのって知っていましたか?
どうして冬のほうが臭いがきつくなるのか? そのあたりのことについて紹介いたします。

 

冬は汗をかきにくく、脂の多い汗が出やすい

実は冬というのは、夏のように汗をかかないのではありますが、それが逆に脂の多い成分の濃い汗をかきやすくなる原因となるのです。
汗というのは体温調整をする機能を有しているもので、体温が上がった時には汗を大量に出して温度を下げるわけであります。
その時に出る汗はエクリン腺から出るもので、臭いはほとんどでない汗でもあります。
ですが、冬の時期は寒いものですから汗というのは体温を下げるような汗はほとんどかきません。
その代わりに、冬の時期はアポクリン腺というところから出る汗がよく出やすくなります。
アポクリン腺から出る汗というのはかなり濃い汗で、ワキガの原因となる細菌のえさにもなりやすいものです。
これが冬の時期に臭いがきつくなる原因となるのです。

 

汗をかかないので老廃物が出にくい

また、エクリン腺から出る汗というのは、老廃物を出してくれる役割もあります。
大量の汗を体外に排出することによって、どうじに毛穴などの汚れや細菌も出してくれますから、臭いのもととなる成分を
なくしてくれるような働きも期待できます。
ですが、冬は全然汗をかきませんので、汚れや細菌を除いてくれはしてくれませんし更には水分を夏よりとりませんから
余計に汗が出にくい環境ができてしまうために、より臭いのもとが残ってしまうのです。
ですので、体にたまってしまった汚れなどによってもワキガの臭いというのはより強くなってしまう傾向があるのです。

 

冬でも運動や水分補給などをしてしっかりとしたワキガ対策を

冬のワキガに対しては、運動をしてして汗をかく習慣を身に着けておきましょう。
汗をかいておけば、汗というのは出やすくなりますのでエクリンセンからの汗の割合を増やして臭いのもととなる老廃物をしっかりと除去できます。
また、水分もよくとって汗が出やすいような状況を作ったり、体温を上げておいておくのも冬のワキガには有効です。
後は、いつも通りしっかりワキガクリームを塗ったり、アルコールで殺菌したりすれば、冬のワキガの臭いも効率よく防げるものとなるのです。

このページの先頭へ