MENU

大変デリケートなわきがの臭いチェックは段階的に

気付かぬうちに周囲に感ずかれているわきがの臭い

これからどんどん気温も上がり、身体のあちこちから汗をかき易くなるシーズンに突入すると、どうしても腋汗や腋の臭いが気になってくる人もいる事でしょう。例えどんなに自分が気にしていなくとも、わきがの臭いを敏感に察知し不快感を覚えてしまう人はいるもの。そもそも日本人は外国人と比べ嗅覚が敏感であるケースが多く、とりわけ不快な臭いに対して神経質なまでに敏感になり易いものですから、ある意味仕方の無い事でしょう。

 

本格的な対策の前にどれ位臭うのかチェックを

果たして自分がわきが持ちなのか、例えわきが持ちであったとしてその臭いの程度はどれ程のものなのか、自らあるいは客観的な立場から一度チェックしてみるのが良いでしょう。自分の臭いの程度がしっかり把握出来れば、その対策に掛ける期間や用具、費用といったシミュレーションも具体的に行えるからに他なりません。

 

衣服を着てどの程度臭うのかをチェックしてみる

先ずは腋汗をかいている状態で上半身裸になり鼻を直接近付けてその臭いを確認してみます。もちろんその状態であればかなり臭う筈なのですが、そこからシャツやインナー、アウターと衣服を着重ねていきどの程度にまで臭いが抑えられるかを段階的にチェックしていきます。
少なくとも脇パッド付きのアウターを着るまでに抑えられる様なわきがであれば、美容外科での手術といった本格的な対策を取らずとも、日頃からの衣類のメンテナンスや制汗クリームといったアイテムの活用で気にならない程度にまで臭いを抑える事が可能でしょう。ただ腋汗が本格的に衣類にまで滲みていないうちから強い臭いを感じる様であれば、やはり何らかの医療的手段を取った方が将来的にも正解となる可能性は高いものです。

 

第三者からの正直な反応を聞いてみる

ただこれらはあくまで自らの主観による判断に過ぎません。本来のわきが対策はそれを他人が感じる事無く快適に過ごせるかどうかにありますから、やはり最終的には第三者に自らの臭いの程度がどれ程のものなのか、また衣服を着た状態でどうなのかを聞いて判断するのがベストです。
とは言ってもわきがは大変デリケートな問題ですから、そうそう友人や知人に感想を聞く訳にもいきません。身近に家族兄弟が住んでいるなら思い切って彼等に相談しチェックしてもらうのが良いでしょうし、どうしてもそういった人が周囲に居なければ、本当に信頼出来る友人や知人・恋人に密かに相談してみるのも良いでしょう。

 

対策を取った上で再チェックも

以上でチェックしたわきがの程度により適切と思われる対策を決定し、それに取り組んでゆく事となる訳ですが、ただ対策を取ればそれでOKという訳でも無く、その後確実に臭いが無くなったかどうかの再チェックも忘れるべきではないでしょう。特にサロンや医療機関に依らず自分自身で行った対策の場合は再チェックが大切となります。

このページの先頭へ