MENU

耳垢とわきがの原因

湿った耳垢とわきがの関係

他人の耳垢なんてあまり見かける機会ありませんから、みんな同じようなものだろうと思っていませんか?
実は、耳垢には乾いているタイプと湿っているタイプの2種類があるのです。
しかも、耳垢が湿っていると「わきが」だという話もありますが、本当なんでしょうか。
その信憑性と、耳垢とわきがの関係についてご紹介していきます。

 

わきがのメカニズム

耳垢は皮膚の角質や空気中のほこり、汗腺や皮脂腺から出る分泌物などが混ざったものです。
この耳垢がどうして「わきが」と関係してくるのか、まずはわきがのメカニズムについてご説明しましょう。
わきがの原因は汗ですが、汗そのものが臭うわけではありません。
汗に含まれる成分を、皮膚の常在菌が分解する際に発生するのが臭いなのです。

 

2種類の汗とその成分

汗には、エクリン汗腺とアボクリン汗腺から出る2種類の汗があります。
エクリン汗腺は全身に分布し、その成分の99%が水分で、他は塩化ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、尿素、アンモニア、乳腺などがあります。
運動や熱い時にかき、体温を調節するのが役目です。
しかし、疲労状態でかいた汗にはアンモニアや乳酸も多く排出されるので、臭いの原因になります。
一般的に「汗臭い」と言われる臭いです。

 

わきがの原因、アボクリン汗腺

一方のアボクリン汗腺が、わきが臭の原因とされる汗で、わき下の他に、乳首、へそ、耳穴、陰部に分布し、タンパク質や脂質、脂肪酸などが含まれています。
皮膚の常在菌はこのアボクリン汗腺から出る汗が大好物、汗をエサにどんどん増殖していきます。
アボクリン腺は遺伝により生まれつき数が決まっており、生涯その数が増減することはありません。
わきがが遺伝する理由は、このアボクリン汗腺の遺伝によるものなのです。
アボクリン汗腺は多いほどわきが体質になる確率も高く、思春期など皮脂の分泌が活発になる頃に臭いが強くなることが多いのです。

 

「わきが=湿った耳垢」と言われるわけ

アボクリン汗腺が分布している場所のひとつに「耳穴」がありましたね。
つまり、わきの下同様に耳の中にも、わきが臭の原因であるアボクリン汗腺が存在しているのです。
タンパク質や脂質を多く含む汗は、ベタベタと粘り気のある汗です。
常在菌にとっては恰好のエサですし、耳中の古い角質やほこりなどと混ざり合った耳垢はべったりと湿ります。
そのため「わきが=湿った耳垢」と言われているのです。

 

アボクリン汗腺を活発にする食生活

しかし、本当に耳垢が湿っているとわきがなのでしょうか。
結論から言うとこれは間違いで、耳垢の湿っている人のすべてが、わきがであるとは言い切れません。
その理由として、食生活の影響があります。
アボクリン汗腺は、肉類や動物性たんぱく質を多く摂取すると、活発に活動するため、わきが臭も強くなるのです。
ですから、偏った食生活でも耳垢が湿ってしまう可能性もあるのです。
そうならないためには、ビタミンが多く含まれる野菜や果物もバランス良く摂ることが大切です。

 

その他の湿った耳垢原因

他にも、長時間のイヤホンの使用は耳を密閉し、耳の中の湿度が高くなる原因になります。
すると耳垢も湿りやすくなりますよね。
中耳炎など耳に持病を持つ人も耳垢が湿っていることがあるので、こちらも一概にわきがだとは言い切れません。
しかし、わきがとアボクリン汗腺の関係からも、湿った耳垢がわきがである可能性も十分に考えられます。
耳垢の湿り具合をチェックして、わきが、または臭いの予防対策に役立て下さい。

このページの先頭へ