MENU

子どもに遺伝してしまう可能性が高いワキガ

将来結婚を考えている人、いつかお母さんやお父さんになりたいと考える人にとって、わきがは少し気がかりなことになってしまう可能性があります。
それは、ワキガが遺伝するという事実があるからです。ワ
キガはアポクリン線の発達によって、ニオイが身体から出てくるのですが、全ての人がワキガになるわけではありません。
ワキガは親からの遺伝や生活スタイル、社会でのストレスなど様々な影響を受けて発症することがあるのです。中でも親から遺伝する確率はとても高いです。
お父さん、お母さんのどちらかがワキガ体質であった場合には、50パーセントの確率で子どもにワキガが遺伝します。
そして、お父さん、お母さんの両方がワキガ体質であった場合には、さらに高い80パーセントの確率で遺伝します。
この数字はとても深刻ですよね。宝物のように思う我が子に、ワキガを遺伝させてしまうのは、親としても不甲斐なく悲しい現実です。

 

もしも我が子にワキガが遺伝してしまったら?

自分では思うようにコントロールできないワキガ、とても迷惑ですよね。大人になれば、ワキガを治すため様々な治療を簡単に行えるわけですが、小さな子どもにとって負担のかかる治療は、なるべくなら避けたいものです。
ですが、近年の研究により、より身体に優しく、小さい子どもでも安心して受けられる、ワキガ手術などが治療方法として主流になってきました。
ワキガが発症しだすのは、大体思春期に突入したあたりです。早い子で、男の子なら小学校3年生頃、女の子なら1年生頃にワキガの症状が現れ始めることもあります。
ですが、その時に親御さんは慌てず、我が子に合った色々な方法でワキガの対策をしてみてください。

 

ワキガであるかのチェック法

ワキガを正しく対処していくためには、親御さん自身がワキガであることを、自覚しておかなければなりません。
ワキガのニオイは自分では気づかない場合も多く、大人になっても自覚していない人もたくさんいます。ですから、まずは、親御さん自身がワキガチェックをしてみてください。
耳垢がベタベタしたり黄色かったり湿っている、一日着た洋服のワキの部分が黄ばんでいる、家族の中や血縁者にワキガの人がいる、などが、ワキガである確率が高いです。
もしもこのチェックに引っかかった場合は将来子どもに、もしくは既に子どもにワキガを遺伝させてしまっている可能性が高いです。
これからたくさんの未来を生き抜いていく子どもたち。ワキガ体質に負けず、正しい治療方法とケアで乗り越えていってください。

このページの先頭へ