MENU

ワキガの原因と注意点とアポクリン腺との関係とは

ワキガで悩んでいる人はいると思います。ですが、ワキガはある程度遺伝のようなもので本人が原因を作っている事は少ないです。また、ワキガの治療もクリームを塗るものから手術までたくさんあります。では、そもそも何故ワキガになるのか、その原因を説明します。

 

アポクリン腺とエクリン腺について

 

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗です。本来汗は無臭なのですが、アポクリン腺の汗に含まれる脂質やたんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が皮脂表面に存在する常在菌により分解される事によりにおいが発生してしまいます。そして、もう一つ腺であるエクリン腺から発生する汗は水と塩分で出来ているのでこれも本来は無臭なのです。しかし、ワキガの人はこれが蒸発するときにアポクリン腺から出る汗のにおいを一緒に広げてしまいます。ですので、さらににおいがきつくなってしまいます。

 

欧米にワキガ体質が多いワケ

 

しかし、日本ではワキガ体質の人が全体の10%となっていますが、欧米は70%~100%とワキガ体質の人が圧倒的に多いのです。これは、日本が清潔好きな国だという事もありますが、原因は食文化にあると言われています。欧米などで良く食べられている肉類などの高カロリー&高脂肪の食べ物には、皮脂腺やアポクリン腺を活発にする作用があります。そのため、欧米ではワキガ体質がすごく多いのです。ですが、現代の日本は野菜や魚中心の生活から肉中心の食生活に変わりつつあります。ですので、日本人もワキガ体質の人が増えているというわけです。

 

アポクリン腺は増えない

 

しかし、本来はアポクリン腺の数は生まれ持って決まっているので後から増えるという事はありません。ですので、ワキガ体質ではなかった人がワキガになるという事はありません。肉類中心の食事で今現在あるアポクリン腺が活発に働いてにおいがきつくなるだけですので、アポクリン腺が増えるという事ではないので注意しましょう。

 

このように、ワキガ体質は生まれた頃にある程度決まってしまうのでもし、自分がワキガ体質だと思ったら、食事に気をつける必要があります。先ほど説明したように、肉中心の生活は避け野菜もたくさん摂るようにすると、においをある程度抑えることが出来ます。ですので、今現在ワキガ体質でない人は、そこまで心配する必要はありません。ですが、健康のためにも野菜はたくさん摂ったほうが良いので肉ばかりでなく野菜もたくさん摂取してください。

このページの先頭へ