MENU

わきが手術は不安…。そんな人にはわきが対策クリーム!

「わきが手術に、再発や術後臭などのリスクがある

わきがの原因はアポクリン腺なので、手術によってアポクリン腺を除去すれば、ほとんど根治できます。けれど手術をするとなれば、最低でも数万円、高ければ数十万円の費用がかかるうえ、アポクリン腺の取り残しによる再発リスクや、手術跡が残るといったデメリットもあります。また、手術後に自分自身の体臭を強く感じるようになったり、乳輪や陰部のわきが臭が強くなったりといった術後臭が気になる人もいます。

 

わきが手術に限りませんが、手術というのはリスクがあるもの。痛みに耐えて、高い費用を払って手術したのに失敗した…ということもあります。そのため手術を考えている人は、わきがに効果のあるデオドラントクリームを試してみましょう。デオドラントクリームには、アポクリン腺を除去する作用はないので根本的な治療にはなりません。けれど、雑菌の繁殖を抑えたり殺菌したり、アポクリン腺から分泌される汗を抑えるなどといった作用があるので、わきが臭を改善させるのに効果的です。

 

 

 

わきが対策クリームの人気ランキング

クリアネオ

何を使っても効果がなかったという、わきが体質の方に使っていただきたい商品です。
菌を徹底的に殺菌する効果や、制汗効果がダブルで配合されているので、ニオイを抑える力が抜群にあります。
だから、わきがのニオイだけではなく、足のニオイにお悩みの方にもおすすめです。
使用方法は、朝一回クリームを塗るだけ。伸びの良いクリームなので、とても使いやすいです。
クリアネオは、医薬部外品で安全に使えるから、小さいお子様から、お年を召した方まで誰でも安心して使えます。
しかも、無添加、無香料の商品です。鉱物油や石油系界面活性剤などの余計な成分は一切使っていません。
パッチテストや放射線物質の検査など、厳しい検査も全てクリアしていますのでとても安全です。
そして、自信を持って販売しているからこその、永久保障制度も付いています。
使用してから何日後でも、効果がみられなければ、返金に応じてくれる保障が付いているので、安心して使い始めることができます。
クリアネオは世界にも認められた品質です。2017年、モンドセレクション銀賞を受賞しました。

 

 

デオプラスラボ

わきが対策の薬用クリームとして大人気で、お客様に大変喜ばれている商品です。
顧客満足度もリピート率もとても高く、皆様に満足されています。
気になるわきがのニオイに、エステをするように使えるデオプラスラボは、高い効果のあるデオドラント商品です。
除菌率、99.999%でニオイをカットするから、徹底的にわきがの原因菌を殺菌します。
トリプルブロックデオドラントで、イヤなニオイにさようなら。5種類の天然収れん成分や海草やシルク、緑茶エキスや紅茶エキス、柿タンニンなど、効果の高い成分を配合しています。
さらにニオイカット、除菌、被膜、収れん、制汗の5大要素で、徹底的にニオイカットと制汗をしてくれます。
使い方は誰でも簡単で、一日一回を目安にシャワーのあとや、おやすみ前に使うだけです。高品質で安心、安全の日本製で、医薬部外品になっているから、毎日安心して使い続けることができます。
香料や着色料、鉱物油やパラベン、酸化防止剤などの成分は一切使っていないので、お肌への優しさを徹底的に追及しています。100日間の返金保障制度もあるので、安心して使い始めることができます。

 

 

ノアンデ

は、ワキガも汗も抑える、今までになかった新発想のワキガ用クリームです。
日本製の無添加オールインワンクリームで無香料、無着色で安心。使い方はとても簡単です。
ワンプッシュ少量ひと塗りするだけなので、誰でもラクチン。汗にも強いから、朝塗って夜まで効果が持続します。
お肌に優しい成分配合で、敏感肌の方や乾燥肌の方にも安心して使えます。
さらにノアンデはリニューアルで進化したから、ついにワキガの原因菌を100%除菌できるようになりました。
驚きのリピート率で、大ヒットのベストセラーデオドラント商品なので、たくさんのお客様から人気を得ています。
安心して使い始めることができる、最大120日間の全額返金保障制度も付いています。
納得がいかなかったり、効果がみられなければ、初回限定で返金に応じてくれます。
菌の繁殖を抑える成分や、汗を抑えたり整える2大有効成分を、高配合しています。
柿タンニンや、シャクヤクエキス、ハマメリスエキスなど透臭サポート天然有効成分を独自配合しているから、ワキガのニオイに悩んでいたことを忘れてしまうほどの、驚きの効果を実感することができます。

わきが対策を日常生活を見直して原因を探してみましょう

ワキガ体質の日本人は約10%〜17%と言われており、これは10人に1人がワキガであることを表しています。
元々日本ではワキガ体質の人は少ないと言われていましたが、その割合は年々増えているのが現実。
さらに、ワキガは様々な原因で悪化することがあるので、正しい知識をもって対処する必要があります。

 

ワキガ体質の正しい知識

まず、ワキガ体質という言葉で誤解をしやすいのが「ワキガ体質=ワキガである」という考えです。
これは大きな間違いで、ワキガ体質というのはあくまでワキガになりやすい体質のこと。
つまり、日本で10人に1人と言われるワキガ体質は実際にワキガの症状が表れているわけではないということです。
このワキガ体質が増えていることが問題で、実際にワキガが表に出ていない人もワキガが出始めて悩んでいる人もまずはワキガを悪化させている原因を知りましょう。

 

 

食の欧米化がワキガと深い関わりを持つ

元々ワキの下には「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が存在しており、この腺にはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれています。
そしてこれらが分解されることであのワキガ特有のニオイを発生させるのです。
そのためこの汗線になんらかの刺激を与えてしまうとニオイを悪化させてしまう、という仕組みになっています。
その刺激というのがまず食生活。現代の日本の傾向として「食の欧米化」が言われていますが、これはワキガの悪化と大きく関わっています。
欧米のワキガ体質の人の割合は約80%〜90%と多く、これは食生活に動物性たんぱく質や脂肪が多く出されていることが原因と言われており、アポクリン腺に含まれてるそれらの成分を摂取してしまうことからワキガの悪化に繋がっています。
そして、その欧米での食生活が日本でも広がってきたことでワキガ体質の人が増加傾向にあるのです。
普段から多く動物性の食べ物を多く食べる人や、ファーストフードを好んで食べる人でワキガが気になってきたな、と感じる人はその食生活を改めることによって改善に繋がっていきます。
植物性の食べ物と動物性の食べ物をバランス良く摂取することでワキガ以外にも良い傾向をもたらすので、心がけていきましょう。

 

 

肥満体質=ワキガ体質ではない

では、肥満の人はどうでしょうか。
よくワキガは肥満の人に多い、と言われることがありますが、これは間違いではありませんが正しいとも言えません。
確かに肥満体型だと汗をかきやすいので前述のようにアポクリン腺が活発になりワキガがひどくなっているイメージがありますが、汗をかきやすい=エクリン汗腺が活発であるということが多いです。
この汗腺はニオイを発するものではなく、多汗症の症状であるため、汗をかきやすい肥満の人はワキガ体質ではないこともあります。
実際には汗をかきやすいからという訳ではなく脂肪分が多いからというのが本当の理由になります。
先ほどの動物性たんぱく質や脂肪がニオイの原因になっていたように、ワキガ体質で肥満体質の人は体に脂肪が多いことからワキガを悪化させてしまうのです。
実際に、肥満が解消されてワキガが治ったという例もありますが、これは体内の脂肪が減少したことによりアポクリン腺から分泌されるニオイが軽くなったということでしょう。
ですので、肥満体質でワキガが気になっている方は肥満を解消していくことでワキガ治療に非常に効果的です。

 

 

ストレスとホルモンバランスによるワキガの悪化

次に、精神的な影響によるワキガの悪化についてです。
心の状態と汗は大きく関係しており、例えば大勢の前でスピーチをする前などに緊張で汗をかいたり、恥ずかしいことがあると汗がじわっと出てくることがありますが、これと全く同じで、精神的なストレスを感じることにより体が緊張状態になり、体から汗を発し、アポクリン腺の活動を活発化させワキガを悪化させてしまう原因となるのです。
特に男性の場合はこのストレスによって男性ホルモンが活発になり、「アンドロゲン」と呼ばれる揮発性のステロイドが汗に混じることによってワキガなど体臭からニオイを発してしまいます。
普段から心に刺激を与えるような場面によく遭遇してしまう人、すなわち家庭や職場、学校などで日々ストレスを感じている方は注意が必要です。
また女性の場合は、生理の時に女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が変化し、それによってワキガを悪化させてしまいます。
さらに、そのニオイが気になってしまうことでさらに緊張を高め、汗の分泌をより多くしてしまうという恐ろしい悪循環が続いていきます。
精神的ストレスは男性、女性共にワキガの悪化だけでなく体に悪影響を及ぼしてしまうので、早めにこの悪循環を断ち切る必要があります。
例えば、入浴の際にリラックス効果の高い入浴剤を使用したり、部屋にアロマディフューザーを置いて心を休ませるなど、ストレスを感じさせない環境を多く作り出すことが大切です。

 

 

お酒とタバコは取りすぎに要注意

ワキガに多く関わってくる「汗」ですが、これは摂取するものによって大きく変化していきます。
ものによっては、さらにワキガを悪化させてしまう危険なものも。その代表的といえるものがタバコです。
まず、タバコに含まれるニコチンと呼ばれる成分ですが、これは中枢神経を刺激し、同時に体温調節機能も刺激するため本来出すはずのない汗を分泌してしまいます。
これは不要な汗なので、暑くないのに汗をかいたりしてしまい、体温を下げていきます。
するとどうなるかというと代謝が悪くなり、普段出す汗がベタベタした質の悪いものに変わっていきます。
この汗にはニオイの元だけでなくタバコの悪い成分や含まれているのでワキガがかなり悪化してしまうのです。
これはお酒も同様で、アルコールにはニオイ成分が多く含まれているので摂取するだけで体からニオイを発生させます。
ニコチンのようにじわじわ汗の質を悪くしていくのではなく、摂取してすぐに発汗量を上昇させてしまうので、急激にワキガを悪化させるとても危険な成分です。
アルコールやニコチンもストレスと同様にワキガ以外の病気を発症してしまう危険性があるので、ほどほどの摂取を心がけるようにし、体臭を防いでくれる抗酸化作用のある食べ物を食べることで予防ができます。
バナナやキャベツ、ピーマンなどがおすすめです。

 

 

ワキガと乾燥の関係性

ワキガの原因が汗と強く関係しているのなら、汗をこまめに拭いてムレさせないようにすれば、ワキガのニオイは減少するのでしょうか。
これに関しては2つあります。1つは、ワキを乾燥させることによって常在菌がアポクリン腺を摂取して繁殖できなくなるため、ニオイは減少する。ということです。
これだけ聞けばとても効果的な対処法ではあるのですが、2つめに乾燥状態が続くことによって常在菌が増えニオイが強くなる、という事実があります。
これは、肌を乾燥させることで肌自体が自ら保湿をしようと皮脂を発生させ、常在菌がそれをエサにして結局繁殖してしまうのです。
乾燥させてもムレさせてもニオイが発生してしまう。
ではどうすればいいのかというと、大事なのは「保湿」です。
ムレと保湿は大きく異なり、肌に汗がこもってジメジメした状態のムレとは違い保湿は肌の内側から水分を保つ状態のことをいいます。
これを徹底することにより肌がサラサラした状態になり、ムレにくく、かつ乾燥しないワキガ臭とは無縁の赤ちゃん肌を保持することができます。

 

 

まとめ

現代の日本人は、昔よりもアポクリン腺を多く持つ人が増えてきていると言われています。
なぜワキガが良くならないのか、なぜ以前まではなかったワキガが最近ひどくなってしまったのか、など悩みは多くあるかと思いますが、ワキガの原因は体質の他に男女で異なっていたり摂取しているものに含まれていたりと様々ですので、自分に当てはまる原因を良く知り正しい対処でワキガを和らげていきましょう。

 

 

わきがで悩まれている方の症状と原因と対策

どこからともなく臭いを発して周りに迷惑をかけている可能性もあるわきが、実際に自分でそのことを理解するには知らされるか、または周りの行動を見て初めて気づくことが多いのではないでしょうか。
わきがは第二次性徴と共に変化する思春期頃に起き、殆どの方は、わき下から汗と一緒に臭いが混じりあい悪臭となります。

 

汗臭とも呼ばれるこのわきがには酸っぱい臭いの症状もあり、これは皮膚にあるエクリン線から分泌される汗が臭いを放っています。
ただし、このアポクリン線が臭いとなりますが、大量の汗を流すことで特有の臭いとなってしまい、これが周りに悪臭を放ってしまう所謂わきが症状となっているんです。
またわきが症には人それぞれによって異なる臭いにもなっています。
わきがには衣服などの、わきの部分が黄ばんだりすることもあり、女性の中には陰部や乳輪から臭いがすることもあります。
このわきが症の原因としては主なものとしてアポクリン線から分泌されるたんぱく質が関係しており、このたんぱく質が多く含まれる汗に、わきの下に留まってしまいそれが皮膚の常在菌に分解され臭いへと発症します。
そもそもアポクリン線自体は誰にでもある器官ではありますが、このアポクリン線の数の違いで特有の臭いを出してしまっています。
つまり生まれたときから決まっていると考えられていることと、遺伝による原因も大きく関係しているとされています。ちなみに耳垢が湿っている場合、それはわきがの疑いが考えられるともされています。

 

ではわきが対策にはどのような方法があるのか?わきがは生まれたときから持っている性質であるならば完璧に予防をすることは困難なことかもしれません。
ですが臭いを緩和させる対策であるならばあります。
まず臭いを抑えるにはいくつかの方法が考えられますが、一つはわき下から出る汗を長時間放置しないこと、つまり留めないようにすることです。
わき毛の処理も効果的な方法なので定期的に自己処理などを行うこと、制汗剤などを使用するのも汗の分泌を緩和させることができるでしょう。
またわきがそのものの原因としてあるアポクリン線を外科手術により取り除く療法もありますから、あまりにわきがで悩まれているのであれば自身にできる、または合った方法で対策を心がけるようにしましょう。
また予断ではありますが、わきがとは軽視されているところもあるようですが、実際にわきがで悩み、うつを発症させている方もいますので、できるだけ早めの対策を考えるようにしておきましょう。

このページの先頭へ